腰痛マットレス選び方※腰が痛い人はマットレスを変えるだけで違います

腰痛マットレス選び方

このページでは腰に良いマットレスの選び方のポイントをお伝えします。

腰痛の人は、腰が痛くてつらい日々を送っていると思います。

「腰痛をなんとかしたい!」と思っているあなたの参考になると幸いです。

そもそもマットレスで腰の痛みが軽減するの?

疑問

これ、疑問に思いますよね。

答えはイエスです。

よく考えてみてください。飛行機や列車で長い時間シートで移動していると疲れますよね?

体を横にせず座席に座ったまま寝るだけで疲労が溜まるのです。使う寝具が悪ければ、体に負担がかかって疲労が溜まり、腰が痛くなります。

逆に寝具が良ければ疲労は溜まらず、腰の痛みも軽減されるのです。

結局は寝る姿勢が負担をかけない状態だと、体は疲れませんし、腰に負担もかからないのです。

腰痛に良いマットレスの選び方って何があるの?

選び方

では肝心の腰痛に良いマットレスの選び方について、説明していきます。

そのポイントは2つあります。

・腰が深く沈まないマットレスであること。
・寝返りがうちやすいマットレスであること。

それぞれ説明していきます。

腰が深く沈まないマットレスであること。

腰が深く沈むと体重が腰に集まってしまいます。年を取ると膝が痛くなる方が多いのは、体重を支える筋力が減るからです。

同じように寝ている時に体重がかかりやすいのは、腰や首なのですが、マットレス柔らかいと腰が沈むので、寝るたびに腰に負担がかかるのです。

腰が沈まず、体全体に体重が分散するマットレスを選びましょう。

寝返りがうちやすいマットレスであること。

筋肉の疲労は寝返りをうつことで、解消しています。

子供は寝相が悪いですが、あれは健康な証拠でたくさん動くことで体の筋肉の疲労をとっているのです。

大人も同じで一晩に寝返りを20~30回ほどしています。これが平均的な回数ですが、マットレスが柔らかすぎると、寝返りをうつのに余計な力を使ってしまい疲れが取れません。

南国リゾートにあるハンモックは布で体を支える寝具ですが、寝返りがうてませんよね。しかも腰も沈んでいます。柔らかい寝具はカラダに負担をかけてしまうのです。

反発力のあるマットレスなら、寝返りがうちやすく疲れもたまりません。

腰痛マットレスの選び方で選んだマットレスランキング

腰痛マットレスを選ぶポイントは、詳しい内容は上で説明したとおりです。

これを考慮した上で探したマットレスは下記になります。

1位 腰痛マットレスモットン

腰痛マットレスモットン

腰痛マットレスの1位は、モットンです。なんといっても腰や関節の痛みを軽減することに特化したマットレスなんですね。だから、

体重が体全体に分散する体圧分散構造
自然な寝返りをサポートする反発力
8万回の耐久試験に耐える耐久性
仰向けでも横向きでも理想的な姿勢で寝れる

と考え抜かれています。

価格 39,800円(税込)から
種類 シングル、セミダブル、ダブル
キャンペーンなど 90日間返金保証
モットン総評
モットンは高反発マットレスで一番売れているマットレスです。その人気の秘密が寝るたびに腰の痛みが軽くなる働きにあります。それだけモットンは腰に負担をかけず、本来あるべき姿勢で寝ることができるからなのです。大きさはもちろん、硬さも3種類から選べるので自分に合うマットレスで寝ることができます。

2位 13層やすらぎマットレス

13層やすらぎマットレス

2位は13層やすらぎマットレスです。独自のコイルスプリングを利用したマットレスで腰の痛みを軽減します。

・27センチの厚みを持つマットレス
・3Dコイルスプリングが体圧を分散

13層の厚みに腰痛を軽減する考えが詰まっています。

価格 98,000円(税込)から
種類 シングル、セミダブル、ダブル
キャンペーン 60日間返金保証
13層やすらぎマットレス総評
やすらぎマットレスは、13層の構造をもち、特殊コイルスプリングで体を支えるので、腰に負担をかけない構造になっています。価格は98,000円と高額で、重量も重いので手軽さはありませんが、睡眠の質の高さを実感できるマットレスです。

13層やすらぎマットレス

3位 ラクーネ

ラクーネ

3位はラクーネです。体を休ませることを重視したマットレスで特徴は次のようになっています。

・1,300個の凸凹構造が体圧分散を実現
・硬めの160ニュートン高反発マットレス
・超軽量マットレスで持ち運びがしやすい

価格 37,980円(税込)から
種類 シングル、セミダブル、ダブル
キャンペーン 90日間の返金保証
ラクーネ総評
1,300個の凸凹で体を支える構造となっており、背中と腰に負担がかかりずらくなっています。硬さは160ニュートン1種類だけなので、硬すぎると感じる人もいるかもしれません。

ラクーネ公式サイトへ

4位 エアツリー

エアツリー

エアツリーは睡眠の質にこだわったマットレスで、肩や腰に負担をかけず正しく身体を支えるよう設計しています。

・柔らかすぎて腰が痛い
・固すぎて寝づらい
・眠りが浅く朝がつらい

このような悩みを持つ方に使われています。

価格 29,800(税込)
種類 シングルサイズのみ
キャンペーン 1年保証
エアツリー総評
質の高い眠りを実現するために、エアツリーではゾーン(場所)ごとにやわらかさの違うウレタンを使用しています。この構造が睡眠の質を高めてくれるのです。

腰痛の人は寝返りができず腰に負担がかかっている

腰痛の人は腰に負担をかけた生活をしています。

1日中座りっぱなしか、立ちっぱなし。重い荷物を時間内に運ぶ作業など負荷がかかることばかりです。そして意外にも寝ている最中も負担をかけているのです。

寝返りしにくいマットレスやフトンを使うと腰が疲れる

腰の疲れは寝返りをするときに取れます。

逆に言えば、寝返りしにくい状態で寝ると日に日に疲れがたまります。その結果、疲れが積み重なり、無理強いをして腰を痛めるのです。

疲れが取れないまま生活していると、地面からの衝撃を流したり、筋肉で吸収できなくなります。寝返りしにくいマットレスやフトンで寝ていると、腰の疲れがいつまでも取れません。

腰の疲れを取るには、腰の筋肉を休ませる必要がある。

腰の筋肉を休ませるには寝返りを打つ必要がある。

寝返りのうちやすさは寝具で変わってくる。

この寝返りをうちやすい寝具を選ぶとなると、最終的に行き着くのが高反発マットレスになります。

ランキング上位の高反発マットレスほど、寝返りが打ちやすく腰の疲れが取れる製品になっています。詳しい説明は下記をごらんください。

腰痛マットレスの選び方 1番のおすすめはモットン!

1番のおすすめ

腰痛マットレスの選び方で選んだ結果、1番おすすめとなったのがモットンです。やはり高反発マットレスの働きで腰が沈まず、寝返りがうちやすい製品だからです。

腰痛のつらさをとにかく軽減したい。とことんまで追求する姿勢が製品づくりに反映されているのが公式ページを見ても良くわかります。

高反発マットレスと効くと硬いイメージがありますが、実際に寝てみると体を程よい密着感で支えているのがわかります。ふんわりと温かみがあって寝やすいんですよね。

今までは寝返りをする時にうっすら目覚めるときがあったのですが、今はそれもありません。ごく自然に寝返りをうっているので目を覚まさなくなったのです。

寝るたびに腰が軽くなっているモットンは、腰痛で辛い人にオススメなのは間違いありません。

>> 腰が痛い人こそモットンを使ってください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする